「実際どうなの?オフィス系バイト」

「実際どうなの?オフィス系バイト」

飲食系や販売系に比べると比較的バイト生の数は少ないオフィス系のアルバイトですが、大半が座っての業務となるため、今まで長時間立っていたり、バタバタ忙しいところでアルバイトをしてきた学生たちにとってはひそかに人気となっているアルバイトです。座っての業務なので楽かと思うかもしれませんが、そんなことはありません。オフィス系の業務にも、ならではのきつい部分はあります。しかしやりがいや得られるスキルも飲食系や販売系とはまた違ったものになってきますので、これから説明していきます。

 

 

▼目次

  1. 「以外に多い!コールセンターバイト」
  2. 「データ入力・一般事務系バイト」
  3. 「実務経験を積める!その他オフィス系バイト」
  4. 「オフィス系にはそれなりのメリットデメリットがある!」

「以外に多い!コールセンターバイト」

コールセンター

オフィス系バイトの王道となっているのがコールセンターのアルバイト。時給も高く、残業もほとんどないという好待遇に加え、シフトの融通がきいたり、電話接客なので服装がある程度自由だったり、快適なオフィスで座っての仕事なので、大学生には人気のオフィス系バイトとなっています。働く上での条件は非常にいいコールセンターですが、やはり仕事内容はそれなりにきつい部分があります。

コールセンターは基本、自分から掛けるやつと掛かってきた電話に応答するものがあり、前者をアウトバウンド、後者をインバウンドと言います。よくどっちが良いのかという声がありますが、どちらにも良さがありそしてきつさがありますので自分にあったものを選ぶようにしましょう。

アウトバウンドのタイプはアンケートや新サービスの紹介などを自分から顧客にかけるので、最初はかなり勇気がひつようですが、自分から掛けるということは自分のタイミングで仕事を進められるというメリットがあります。

一方インバウンドは受け身の業務となりますが、マニュアルが充実していて、それに沿って受け答えすることがほとんどであり、困ったことがあれば責任者に変わったりできるので、気軽に業務を行えます。どちらもしっかりとした研修とマニュアルがあるので、初めてのアルバイトだとしても全然よい選択だと思います。

コールセンターで働くメリットとしては
・コミュニケーション能力がつく(これが第一)
・働く上での様々な条件が非常に良い
・取り扱う業界の知識が増える
・出会いが多い(大人数体制が多く、男女比も半々ぐらい)

 

逆にメリットとしては
・クレーム対応はしんどい
・言葉づかいに気を張らないといけない
・座り業務なので、肩こりや腰痛を抱える(オフィス系全般)
などですかね。

働く環境や条件などはとても良いですが、それは裏を返せばそれぐらい業務は負担を強いられるものであるということです。しかし、厳しい環境においてこそ成長は飛躍的にできるものなので、とにかくチャレンジする精神は大切だと思います。やってみたら意外と自分に合っていて、楽しくかつ好待遇のところで働けるかもしれません。

 

もしやってみてダメだったとしても、戦略的撤退をして(最終手段でね)また次のアルバイトに挑戦すればいいんです。ただコールセンターは大学生のバイト生も多く、初めてアルバイをするという人でも全然おすすめできるアルバイトだと思います。

 

「データ入力・一般事務系バイト」

オフィス

これらのバイトはフルタイムでの募集が多いので、大学生にとって条件が合わない場合が多いので、大学生のバイト自体はそんなに多くはありません。しかしシフト制のところもあるので、そういったところには大学生のバイトがいると思います。

仕事内容は、決められた方法でひたすらデータを入力したり、電話対応、簡単な書類作成などがあります。

これらのアルバイトをすることで得られるメリットとしては
・PCなどのスキルが身に付く
・ビジネスマナーを身につけられる環境がある
・社員と同じ環境で働くので、就職活動の良い判断材料になる。
・時給も割と良い

 

一方デメリットとしては

・言葉づかいや社員への気配りが疲れる
・他のアルバイトのように、バイト!って感じではない。
・座り業務なので、肩こりや腰痛を抱える。(オフィス系全般)
・長時間同じ作業をするのは疲れる。

などが挙げられますね。

バイト生がたくさんいるというわけではなく、バイト生より社員の方が多いというケースがほとんどだと思います。しかし、タイピング能力の向上に加えエクセルやワードなどのPCスキルが身に付くというのは、これから社会に出ていく上で非常に良いのではないでしょうか?

 

 

「実務経験を積める!その他オフィス系バイト」

プログラミング

その他オフィス系のバイトとしては、エンジニアやデザイナー、ライターなどのIT・クリエイティブ業界のアルバイトがあります。こちらは専門的な知識と技能が求められるので、大学で専攻している人や、塾や教室に通って技能を身に付けた人に限られますが、まれに未経験でも少し知識をかじっていれば雇ってもらえる場合があります。

 

こういったところは、勉強は必須だし生産性がモノをいうので、結果を出さないといけなくて結構きつい部分はありますが、非常に多くのものを吸収できますし、同じ業界へと就職を考えているなら就職活動の際に非常に大きなカードになります。

もしかしたらそのまま正社員登用などもありえるかもしれません。門は狭く、仕事にも責任と生産性が求められますが、圧倒的に成長できるバイトだと思います。

 

メリットをまとめると
・これまでの勉強を実践でき、実務経験が積める
・就職の際に大きなカードとなる
・いろんな知識・技能が身に付く
・その業界について深く知ることができる

デメリットは

・責任・生産性、そしてクオリティも求められるので学業との両立が厳しいかもしれない
・座っての業務なので、肩こりや腰痛を抱える(オフィス系全般)

 

などがあげられますね。

 

 

「オフィス系にはそれなりのメリットデメリットがある!」

牛

オフィス系のアルバイトは、飲食系や販売系のアルバイトをしている人達からすると、「座り業務だから楽そう」だとか、「時給も高いしカモバイトでしょ」などのように言われがちですが、オフィス系にはオフィス系のきつさや大変さがありますし、それらは他のアルバイトよりも深刻かもしれません。ですが、他のアルバイトでは得られない技能とかたくさん身につけることができるので、ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか?